これまでの作品

Emporium shopping complex
Emporium MOTHER'S DAY LOVE BLOSSOM/2013.8/タイ バンコク

GALLERY

作品A
作品B
作品C

●作品紹介

作品A 野外エントランスの作品は、竹を「末広がり」の扇状に広げて構成しました。タイ王国の繁栄と国民の幸せが末長く続くように、との作家の願いがこめられています。
(作家:勅使河原茜)
作品B 「タイと日本が、青い海を越えて共に手を取り合い、未来に向かって歩み続ける」というテーマで作品を作りました。照明が神秘的に色を変え、異国情緒が感じられます。 イベント初日には、家元のデモンストレーションを行い、お客様に日本のいけばなを堪能していただきました。(作家:勅使河原茜)
作品C ブランドショップが並ぶ通りを、ウィンドショッピングを楽しむように、様々な作品を鑑賞しながら歩けます。(作家:勅使河原茜と草月流師範18組)

●依頼内容

タイ・バンコクのエンポリアムショッピングコンプレックス(Emporium shopping complex)から、 「タイ王妃殿下81歳の誕生日を草月流家元の伝統的かつアーティスティックなインスタレーションでお祝いしたい」と草月流本部海外部を通してご連絡いただきました。

※エンポリアムショッピングコンプレックス(ESC):
 1997年創業、タイで最も高級な百貨店です。近隣には日本人欧米人など外国人の居住区があり、食事や買い物のために多くの外国人が利用します。

●依頼から納品まで

コンセプト、依頼内容が明確であったため実際に展開する場所、サイズをもとにイベント内容・予算・デザイン画を起こし、メールでのやり取りを重ね、満を持して下見を兼ねた打合せにお伺いし(現地材料調達の確認も含め)最終調整をしました。

残念ながら、いけばな体験教室につきましては、ご予算の都合上実現できませんでした。

 

2013年  
3月中旬 メールでご依頼
5月中旬 1回目のデザイン案提出
5月31日~1泊3日 バンコクで打合せ(2名) 現場下見・材料視察・イベント内容確認
7月上旬 花材発注
7月28日~8月4日 制作(スタッフ1名が14日まで残り、撤去完了し帰国)
7月30日~8月4日 ファッションアベニュー制作ツアー16名参加
8月2日 いけばなデモンストレーション

 

●デザイン画

(クリックで拡大)
エンポリアム正面
メインエントランス・グランドフロアー
※側面図と平面図
メインエントランス・グランドフロアー
※側面図と平面図
ファッションアベニューのグランドフロアー
ファッションアベニューの1F
吹き抜けのイベント広場・デモンストレーションの会場

●下見・制作風景ほか

(クリックで拡大)
バンコク郊外竹屋
下見で購入し、家元がデモンストレーションで使用
バンコクの花市場は夜中に営業しています。
花材は現地で購入、日本からの持込は最小限に抑えます。
竹の下準備
タイ人の竹の制作アルバイトの方々との記念写真。現地の体力ある男性制作アシスタントは、かなり助かります。
ファッションアベニュー制作風景

●オープニングイベント(デモンストレーション)

(クリックで拡大)

本番前に取材を受ける家元
テープカット
王妃様の色・青の着物を選びました。
タイならではの工芸品も取り入れます。