これまでの作品

伝統工芸 青山スクエア(2012〜)
東京都港区

GALLERY

●依頼内容

経済産業大臣の指定を受けた全国の伝統工芸品を数多く集め、展示販売しているアンテナショップ「伝統工芸青山スクエア」に制作した作品です。

四季を感じる空間を演出してもらいたいとの依頼により、一年を通してその季節を感じる素材を厳選して使用し、四季の移ろいを感じてもらいました。

オープニング時は勅使河原茜がお祝い花をいけ、その後は草月流の作家達が制作展示を担当しました。

●ご提案から制作まで

毎回、季節に合わせた作品のイメージデッサンを提出して、それに基づき準備を進め制作します。生花を使用した場合はオープン前にメンテナンスをし、お客様にはいつも奇麗な状態でご覧いただきます。

 

デッサンの提出(制作日の2週間前頃)

 ▼

花材発注など準備

 ▼

制 作

 ▼

メンテナンス(生花作品の場合)

●デッサンと作品画像

(クリックで拡大)

2012年 初夏(展示期間:2週間)

<使用花材> 雪柳・ごすけはぜ・フトイ・てっせん 他

初夏にふさわしく、瑞々しく存在感あふれる作品。植物の魅力を前面に押し出し、清々しい印象を与えます。

2012年 夏(展示期間:2週間)

<使用花材> さるすべり・どうだんつつじ・馬酔木・垂れ桑(晒し) 他

緑の中に見え隠れする白い桑のラインと、鉄花器のスマートなイメージが、夏の清涼感を演出します。

2012年 秋(展示期間:1ヶ月)

<使用花材> 藤蔓・金宝樹・竹 他

着色した金宝樹の質感と、流れるような竹の表情が印象的な作品。色合いが鮮烈で、華やかに空間を彩ります。

2013年 冬(展示期間:2週間)

<使用花材> 松・竹・枝垂れ柳・和紙・他

オーソドックスなお正月花材と、色とりどりの和紙オブジェが融合しています。場が明るくなるような楽しい作品です。

2013年 早春(展示期間:1ヶ月)

<使用花材> 竹・流木

流木と竹のみを使って表現しています。花材を絞り込むことで、より一層作品のフォルムが際立ち、伸びやかな印象を与えます。

 

●その他の作品

(クリックで拡大)
2012年 春
2012年 初夏
2012年 秋(2)