• HOME
  • 草月・花プロジェクトとは?

草月・花プロジェクトとは?

表現力豊かな「草月流」のいけばなでイベントや展示会などの空間を総合的にプロデュース!

こんな方はまず、ご相談ください

草月・花プロジェクトの使命

草月・花プロジェクトは、草月流第四代家元・勅使河原茜のプロデュースのもと、伝統に培われた美意識と技術を最大限に活用し、「あらゆる空間をいけばなで彩ること」を目的に設立されました。

そして、より多くの人に「いけばな」のすばらしさや可能性を知ってもらい、喜びや感動を分かち合うこと、それが私たちの使命だと考えています。

植物の特性を生かした多彩な表現力が最大の魅力

プロジェクトの根幹をなすのは「草月流」の表現力の豊かさです。これまでの作品を見ていただくと分かりますが、「これがいけばな?」と目を疑うような作品の数々。日本の伝統を受け継ぎつつも、形式主体のいけばなにとらわれることなく、常に新しい表現を追求し続けています。

また、私たちは、いけばな素材としての植物の特性を充分に生かすことにも挑戦しています。たとえば、日本に多数生息する「竹」。変幻自在に形を変えることができるため、アート作品としてのポテンシャルを高めることができ、今や草月流のトレードマークともなっています。

お客様の気持ちをオーダーメイドで実現

草月の多彩な表現力によって、公共空間をはじめ、ホテルのロビーや宴会場、ビルのオープンスペース、ウインドーディスプレイ、舞台美術など、社会のあらゆる空間や場面に、アーティスティックな雰囲気や華やかさをもたらすことが可能になりました。そして、それらすべてはオーダーメイド。業種、規模、季節、来訪者などを打ち合わせで十分に把握したうえで、最適な花材を組み合わせた演出プランをご提案いたします。

草月のいけばなでビジネスに付加価値を!

日本の芸術のひとつである「いけばな」という表現方法は、今までの装飾、ディスプレーとは一味も二味も異なる演出が可能です。海外からのお客様へはもちろん、日本の多くのお客様へも「日本の美」をアピールすることができますし、その自由な表現は、商談や会話の糸口にもなり、ビジネスに有効に働くはずです。

草月の大胆さとネームバリューは空間にさらに付加価値を与えます。他のアーティストとのコラボレーションも積極的に行っていますので、その価値はさらに大きなものになります。

しかし、決して堅苦しいものではありません。どんな空間、どんな規模でも最適な演出をお届けします。ぜひ一度、草月の花プロジェクトにご相談ください。

草月流について

草月流は1927年、勅使河原蒼風が「個人の自由な表現としてのいけばな」をかかげ、創流されました。第二代家元・霞は蒼風をささえながら華やかな草月を印象づけ、また、第三代家元・宏のパワフルな創作意欲はジャンルを超え、映画・陶芸・書・作庭・竹のインスタレーションと多彩に広がりました。

20世紀という社会が大きく変動した時代の中で、いけばなのあり方を模索し、常に新しい表現を追求してきた草月流は、家庭いけばなの枠にとらわれない新しいビジネスを確立しました。

現在、第四代家元・茜のもと幅広い創作活動とビジネス展開を進めております。

いけばな草月流Webサイトへ

第四代家元・勅使河原茜からのメッセージ

勅使河原茜Photo

いけばなによる空間演出は、多種多様な場の魅力を引き出し、さまざまなシーンを華やかに彩ることを可能にします。このいけばなの持つ変幻自在な力を、より多くの方々にお届けしたいと願い、2002年1月に「花プロジェクト」をスタートさせました。

それから10年、草月・花プロジェクトは、舞台美術、商業施設、イベント等の装飾、またさまざまな分野のアーティストと花のコラボレーションなど、多面的に活動の場を広げてきました。今後も、いけばなを通して、空間・人・モノをつなぎ、喜びと感動を生み出すことをめざしてまいります。